News

2022年3月24日 IPAS2021成果報告会のお知らせ(3月25日)

特許庁主催のIPAS2021に採択いただき、これまで6カ月ほど、知財・ビジネスの専門家の方々にご指導いただきながら、知財・ビジネス戦略を検討してまいりました。

非常に多くの気づきをいただき、今後の当社の戦略にも磨きがかかったと感じています。
メンターの先生方、事務局の皆様、そして、大変貴重な機会をいただけました特許庁の担当の皆さま、ありがとうございました。

上記活動のまとめとして、3月25日に成果報告会を行うこととなり、調和技研でも発表をさせていただきます。
是非、皆様ご視聴いただければ幸いです。オンライン視聴可能なので、場所問わずご参加いただけます

参加申し込みはこちらから

とがったアイデアをビジネスへ
~知財アクセラレーションプログラム IPAS2021 Demo Day開催!~

===========================================

IPAS2021の成果報告会「Demo Day」

<プログラム>
3月25日
14:00~14:15:IPAS概要説明
14:15~16:30:第一部 支援先スタートアップ20社による成果発表ピッチ
           視聴者投票
16:30~16:40:休憩
16:40~17:55:第二部 座談会
17:55~18:00:クロージング、投票結果発表

特許庁は、3月25日(金曜日)、スタートアップの成長を事業と知財の両面で加速させる知財アクセラレーションプログラム「IPAS2021」の成果報告会「Demo Day」をオンラインにて開催します。Demo Dayでは、IPAS2021に採択されたスタートアップ20社のとがったアイデアや社会課題解決にかける意気込み、IPASでの支援において交わされたスタートアップとメンターとの熱いやり取りを垣間見ることができます。
オンラインで配信しますので、ぜひ御視聴ください!

 

<当報告会に向けての事務局コメント>

「IPAS」(知財アクセラレーションプログラム)は、スタートアップの成長を事業と知財の両面で加速させるプログラムです。今年度の「IPAS2021」では、食糧問題や気候変動などの社会課題解決に貢献するスタートアップ等に支援を行い、ビジネスモデルの変革や、ビジネスモデルに連動した知財戦略の構築といった大きな成果が得られました。成果報告会「Demo Day」では、これらの成果を、支援スタートアップによるピッチ形式で報告します。加えて、支援先スタートアップのうち4社について、支援を行ったメンターの先生方も交えた座談会を行い、実際のメンタリングの内容・雰囲気などをお話しいただきます。

 


 

『どうせなら、好きなコトをとことん。』

当社のモットーである上記のフレーズには、しっかり好きなことをやって成果を出しつつ、社会のために頑張ろう、という想いが込められています。
研究開発成果を社会実装すべく今後も活動してまいりますので、皆様引き続き応援よろしくお願いいたします。

AIの活用にお悩みの企業様、是非当社にお声がけください。
お問い合わせはこちら:https://www.chowagiken.co.jp/contact/

==============================
 調和技研の事例紹介集はこちらからダウンロードいただけます
============================== 

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社調和技研 経営企画部 広報担当

001-0021 札幌市北区北21条西12丁目2 北大ビジネススプリング 311号室

email: pr@chowagiken.co.jp

 

一覧に戻る