News

2020年4月8日 北大発ベンチャーのAWL、調和技研、TILの3社が協力して、 リテール向け新型コロナウィルス対策ソリューションの開発に着手

報道関係各位
 令和2年4月8日
株式会社調和技研

北大発ベンチャーのAWL、調和技研、TILの3社が協力して、リテール向け新型コロナウィルス対策ソリューションの開発に着手
〜北大ビジネス・スプリングに拠点を置く3社が協力し、営業を続ける小売業の負荷軽減を支援〜

北大発ベンチャーである、リテール向けAIカメラソリューションを提供するAWL株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 北出 宗治、以下「AWL」)と、AIアルゴリズムを開発する株式会社調和技研(本社:北海道札幌市、代表取締役社長 中村 拓哉、以下「調和技研」)、並びにAIボイスレコーダー開発を手がけるティ・アイ・エル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 藤浪 慧、以下「TIL」)の3社は、リテール向け新型コロナウィルス対策ソリューションの共同開発に着手いたしました。

【共同開発の背景】

現在、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)が蔓延しつつあり、それに伴う緊急事態宣言の発令により、社会機能が麻痺するおそれがあります。 そのような中、ライフラインとなる小売業は、新型コロナウィルスの対策強化を行いながら店舗を閉じることなく営業を続け、我々の生活を支えてくれています。 諸外国のようなオーバーシュート、ロックダウンを回避するための対策を属人的な方法だけで進めるには現場の負担が大きく、中長期的に対策をし続けることは大変困難です。 そのような背景において、北大発ベンチャーであり、北海道大学内に開発拠点を持つAWL、調和技研、TILの3社が連携し、AWLのリテール向けAIカメラソリューションプラットフォーム上で動作する新型コロナウィルス対策機能の共同開発に着手し、早期の提供を目指すことで合意をしました。

【開発機能一覧】

この度、3社が共同して開発を進める予定にしているリテール向けAIカメラソリューション機能は以下のとおりです。

  1. ・衛生用品販売におけるカスハラ、トラブル防止
    カメラ映像分析と音声分析により、マスクや消毒液などの品薄による、お客様の理不尽な要求やクレームから従業員を守る「カスタマーハラスメント(カスハラ)対策」を行い、トラブルを検知した際に、速やかに従業員、店長、本社等にアラートを通知し、悪質な場合は警察を呼ぶなどの対応を支援します。
  2. ・レジ付近の混雑・危険検知 カメラ映像分析と音声分析により、レジ付近での一定以上の混雑や、お客様同士でのトラブルなどを検知した際に、速やかに従業員、店長、本社等にアラートを通知し、迅速かつ適切な対応を支援します。
  3. ・従業員用通用口での発熱者検知
    カメラ映像分析により、従業員通用口で、体温を測定して発熱の疑いのある人を検知し、リアルタイムに従業員、店長、本社等にアラートを通知し、適切な対応を促します。
  4. ・マスク装着検知
    カメラ映像分析により、マスクをしていないお客様の来店を自動検知し、店舗ごとに人数や割合をダッシュボードに表示するとともに、必要に応じてリアルタイムに従業員、店長、本社等にアラートを通知し、適切な対応を促します。
  5. ・お客様間距離検知
    カメラ映像分析により、お客様同士の距離が一定基準以上に近接している状態が続いた場合に、自動検知し、店舗ごとに人数や割合をダッシュボードに表示するとともに、必要に応じてリアルタイムに従業員、店長、本社等にアラートを通知します。
  6. ・店員お客様接触回数カウント
    カメラ映像分析により、店員とお客様同士の接触の有無を判定し、その回数が一定回数を超えた場合に、自動検知し、店舗ごとに人数や割合をダッシュボードに表示するとともに、必要に応じてリアルタイムに従業員、店長、本社等にアラートを通知します。
  7. ・店内人口密度測定
    カメラ映像分析により、店舗の広さと、来店人数、滞在時間から、店内の人口密度を測定し、一定基準を超えた場合に、自動検知し、店舗ごとに人数や割合をダッシュボードに表示するとともに、必要に応じてリアルタイムに従業員、店長、本社等にアラートを通知します。
  8. ・アルコール消毒検知
    カメラ映像分析により、従業員、お客様のアルコール消毒実施の有無を自動検知し、消毒が行われていない場合には、店舗ごとに人数や割合をダッシュボードに表示するとともに、必要に応じてリアルタイムに従業員、店長、本社等にアラートを通知します。

その他にも、画像認識、音声認識などを活用した対策ソリューションを短期間で店舗に導入できよう開発を進めております。

 

一覧に戻る